日本語ENGLISH

適正な利益の確保と会社の安定、成長を図り、
株主の皆様へ確実な利益配分を行ってまいります。

株主、投資家の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。また、平素は当社グループ事業に格別のご支援、ご愛顧を賜り、厚く御礼申しあげます。

当社グループは、名古屋港における港湾運送事業を中心とした総合物流企業として、名古屋港トップクラスの倉庫保管スペースと輸送能力を有し、豊富な貨物取扱実績を誇ります。また、営業網は東京支店をはじめ北海道から九州におよび、海外ではアメリカ、ヨーロッパ、アジアを中心とした国際ネットワークを張り巡らし、地球規模での物流サービスを展開しております。

グローバル経済の下、物流は社会になくてはならない重要なインフラの一つとなっております。当社グループは充実したハードウェアに加え、人やITシステムによるソフトウェアを活用することで、高度で多様な物流サービスを提供してまいります。

物流の公共的使命を追求しつつ、役員はじめ従業員一同、さらなる社業の発展に努め、ご期待に沿う経営を推進してまいりますので、株主、投資家の皆様には、今後とも一層のご理解とご支援を賜ります様お願い申しあげます。

代表取締役会長 髙橋 治朗
代表取締役社長 藤森 利雄

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方及びその施策の実施状況

  • 当社は、取締役会において重要事項は全て付議され、業績の進捗状況・対策等を議論検討しております。また取締役については、経営の透明性と企業体質の一層の強化を図るため、2名の社外取締役を選任し、高い識見と幅広い見地から有益な意見、助言を受け、経営に役立てております。
  • 当社は監査役制度を採用しており、監査役4名のうち3名は社外監査役を選任し、監査の公平性を高め、取締役会をはじめとした重要な会議に出席し、業務執行、法令遵守、意志決定、内部統制の状況等の監査を行い、グループ会社の調査も積極的に実施しております。
  • 当社グループ企業の経営トップを含めた「グループ経営会議」を開催し、経営環境の変化に対応するため、各社の経営状況を把握し、投資計画等の重要な経営課題について方針決定しております。
  • 外部監査人は有限責任監査法人トーマツを会計監査人とし、四半期、期末の決算毎の監査又はレビューのほか、情報開示等の問題について適宜アドバイスを受けております。また顧問弁護士には法律上の判断が必要な際には随時確認する等、業務の適法性及び妥当性等のアドバイス、チェックをお願いしております。
  • 以上により、コーポレート・ガバナンスの実行性の確保・強化に努め、公正で透明度の高い経営の実行を目指しております。

ページトップへ