• メッセージ
  • 会社を知る
  • 仕事を知る
  • 採用を知る

仕事を知る

営業部

メーカーや商社など15社ほどの物流をお手伝いしています。どういうものをいつまでにどこまで運ぶかを確認した上で、スケジュールや梱包方法、輸送手段、輸送ルート、税関手続きといった輸送プランを提案していく、つまり単なる輸送ではなく、「いかに運ぶか」を組み立てていく仕事と言えます。海外の工場に設備を送る場合もあれば、海外の展示会向けに製品を送るケースもあります。共通して言えるのは、お客さまは常に効率的でコストの安い物流を求めているということ。それにどう応えていくか・・・ここに私たちなりの腕の見せ所があるわけです。たとえば以前、木材の代わりに強化ダンボールの梱包を提案したときのこと。耐久性を心配されるお客さまにデータと実績を示し、結果として30%のコストダウンに成功。大変喜んでいただきました。そうした提案を通じてお客さまに評価していただけるのがこの仕事の喜びだと思います。「部品が届かないとラインが止まってしまう」と泣きつかれ、関係各所を走り回って直談判をし、何とか間に合わせたことも。この時の「君のおかげだ」の言葉は今でも忘れられません。

学生時代に中国語を学んでいたこともあって、それが活かせる仕事を探していて見つけたのが名港海運でした。希望通り、入社3年後に上海へ赴任。そこで4年をすごした後、蘇州へ。ここでは一人で現地事務所の立ち上げを任され、約4年間にわたって貴重な経験をすることができました。営業の仕事はもちろん経理や総務、採用、教育といった仕事も自分でやらなくてはならず、苦労もありました。ただ、今から振り返ると大変に濃い経験ができたと思います。日本と中国のサービスに対する意識の違いなどにも戸惑いましたが、そのおかげで日本のお客さまが中国に輸出する場合、現地の事情を踏まえた適切なアドバイスができるようになりました。私に限らず、たくさんの先輩が海外研修に出かけたり、出張したり、現地に駐在しているのが名港海運。希望者は海外で活躍できるだけでなく、私が一人で蘇州事務所を立ち上げたように、大きな仕事を任せてもらえる可能性も高い会社と言えます。私自身、今は名古屋で頑張っていますが、いずれはまた違う国でのビジネスにもチャレンジしてみたいと思っています。

backback