• メッセージ
  • 会社を知る
  • 仕事を知る
  • 採用を知る

仕事を知る

Meiko America

名港海運のアメリカ現地法人であるメイコーアメリカ。入社6年目に赴任した当初はシカゴ支店、現在はオハイオ支店で勤務しています。海外で生まれたこともあって、「海外とつながりのある仕事をしたい」と考えていたので、希望が叶っての海外勤務です。私が駐在するオハイオ州には日系企業が多く進出しており、既にお付き合いのある大手お客さまとのお付き合いから、新規営業までを行なっています。オハイオ支店には日本人は私ひとりだけですので、私が中心となって日系企業を訪問しています。お客さまからは、輸出・輸入、海上輸送・航空輸送といった、幅広い物流相談を受け、それに答えていかなければいけません。加えて、支店の責任者として経理・人事などの管理業務も行なっていますので、日本国内で勤務していたときと比べて、はるかに業務範囲は広いです。全ての部署を経験したわけではない私が対応していけるのも、名港グループとしてのバックアップ体制が整っており、国境を越えて社員みんなで協力し合える環境があるからこそと思います。オハイオからメイコーアメリカが輸出した貨物を、遠く日本で名港海運が輸入する、そんな名港グループでの国際一貫輸送サービスを手掛けたときには、言葉に表せない達成感があります。

時差がありますので、日本とのやりとりはメールがほとんどです。朝出社してすぐにメールを処理し、並行して、ローカルスタッフが今何を行なっているかを把握していきます。日系企業はメイコーアメリカに対して、日本的なきめ細やかな物流サービスを求めています。考え方や文化の違う現地スタッフをコントロールして、いかにお客さまの求めるサービスを実現させるかが駐在員の腕の見せ所です。これがなかなか難しいのですが、難しいからこそやりがいも感じます。名古屋では大きな信頼を獲得している当社ですが、アメリカでも進出から40年以上経っており、「メイコーは丁寧で一生懸命な会社」と評されるまでに至っています。先輩方が築いてきた信頼を受け継ぎ、まだメイコーを知らない会社にどんどんセールスをかけて、当社のサービスを知ってもらえるように全力で頑張ります。

backback